BDリモコン(新)

2011年春BDリモコンの新型が発売されました。この新型はいままで旧型でできなかった。 赤外線出力機能を搭載しています。
ですのでこの新型を購入した人は下記のBDリモコン(旧)のテクニックには必要ありません。
いや~胸が熱くなりますねぇ





テレビ操作

ここまでの話でBDリモコン(旧)でKODI(旧XBMC)を操作するところまでは可能になりました。 しかしこのままではテレビをパソコンとつなぎKODI(旧XBMC)を使用していて困ることがあります。 それはこのままではパソコンと繋いだテレビの操作ができないからです。 最低でもテレビの「電源と音量」くらいはBDリモコン(旧)で操作する必要があります。 そこでこれからはBDリモコン(旧)でテレビを操作する方法を紹介します。

テレビの操作までの流れを説明しますと

  • BDリモコン(旧)のボタンを押す。
  • リモコンから出た信号をパソコンが受信する。
  • 信号をパソコンが受信すると自動的にキーボードを押したと解釈するようにする。
  • キーボードを押した時に設定されている動きを常駐プログラムがする
  • 常駐プログラムによって実行されたプログラムが赤外線出力装置から信号を出力する
  • 出力された信号でテレビが動作する

という流れになります。

流れ図

①~⑥までの流れで ①~③まではKODI(旧XBMC)の流れと同じになるので省略します。 ④、⑤で必要になるものを準備します。

  • ④を行うのに「AutoHotkey」というフリーソフトが必要になります。
  • ⑥を行うのに「PC-OP-RS1」が必要になります。

PC-OP-RS1

テレビの操作は通常、付属の赤外線リモコンを使用しています。 言い換えれば、この赤外線リモコンが出す信号を複製すればテレビの操作が可能ということになります。 学習型リモコンというものをご存知でしょうか。これは家電リモコン出す赤外線信号を学習させて使うリモコンです。 これと同じことをパソコンで実現できる「BUFFALO PC-OP-RS1」という商品があります。 このパソコンパーツを使いテレビを操作できるようにします。

PC-OP-RS1をパソコンのUSBポートに差込、ドライバーのインストールを行います。
通常インストールする場合は特に変更する必要がないため次へボタン等を順次押してそのままインストールを完了させてください。
BT-MicroEDR2Xドライバー

PC-OP-RS1ドライバーのインストールが完了すれば、以後、公式の付属コントロールツール等は使用しません。 世の中にはすごい人がいるものでPC-OP-RS1を付属コントロールツール以外で プログラムから操作するためのライブラリというものを公開している人がいます。 これを利用して作業を行いますので以下のサイトから「pc-op-rs1-control.dll」をダウンロードして 「C:\WINDOWS\system32」に設置してください。

コントロールDLLを作ろう
http://1c3.world.coocan.jp/wiki/index.php?%A5%B3%A5%F3%A5%C8%A5%ED%A1%BC%A5%EBDLL%A4%F2%BA%EE%A4%ED%A4%A6
http://1c3.world.coocan.jp/wiki/index.php?%A5%B3%A5%F3%A5%C8%A5%ED%A1%BC%A5%EBDLL%A4%F2%BA%EE%A4%ED%A4%A6

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=333325fd-ae52-4e35-b531-508d977d32a6&displaylang=ja

このライブラリは「Microsoft .NET Framework 3.5」をベースに作成されているようなのでパソコンに 「Microsoft .NET Framework 3.5」がインストールされてない場合は以下のサイトからダウンロードしてください。
Microsoft .NET Framework 3.5

次にPC-OP-RS1を操作するために「ホットキー」のページへ。

KODIについて

リモコンについて②

にせ肉(ダシダおからこんにゃく)

トップへ