カラオケについて

KODI(旧XBMC)でカラオケを楽しむこともできます。大きく分けて2つのやり方があります。
もっとも簡単なのはカラオケの動画ファイルを再生すればそれでOKです。当たり前ですね・・・
カラオケをしたい曲の動画ファイルが入手できるのであれば、そちらのほうが楽にカラオケができます。
入手の仕方についてはあえて言いません・・・。
このページで紹介したいのはもう一つの方法です。少し手間がかかりますがKODI(旧XBMC)にはこのような機能もあるという感覚で見てください。

※室内で快適にカラオケをするために
うるさくないカラOK!ミュートマイクUSB」という商品を使ってみるのはいかがでしょうか?

カラオケファイルの準備

KODI(旧XBMC)は音楽ファイルと歌詞ファイルがあればカラオケを楽しむことができます。
まずは音楽ファイルですがCDシングルなどには音声のないカラオケ用の曲が特典として入っていることが多いです。
これを使ってMP3等のカラオケ用の音楽ファイルを作成してください。
(変換にはitunes等のCDから自動で曲情報を埋め込んでくれるものが良いです。)

次に歌詞ファイルですが歌詞ファイルを作成するのに
「歌詞検索ソフト Lyrics Master」と「タイムタグ検索・編集ソフト RhythmicaLyrics」というソフトを使用します。
それぞれをダウンロードして適所に設置し、起動して初期設定を行ってください。

http://www.kenichimaehashi.com/lyricsmaster/
歌詞検索ソフト Lyrics Master

http://suwa.6.ql.bz/RhythmicaLyrics.html
タイムタグ検索・編集ソフト RhythmicaLyrics


ソフトを用意したらまずRhythmicaLyricsを起動します


設定メニューからLyrics Masterを登録します。


歌詞検索ソフト連携の歌詞検索ソフトの場所を選びLyrics Masterがあるフォルダのパスを登録します。
これで歌詞ファイルを作成する準備ができましたので実際に歌詞ファイルを作成してみます。
ただしここで言う歌詞ファイルの作成は本当に歌詞を打ち込んだりするわけではなく、
既存の歌詞ファイルを探し出すことを言っています。(もちろん自分で入力もできます。)


まずRhythmicaLyricsに音楽ファイルを読み込ませます。


次にデータベースを検索してタイムタグ付き歌詞を入手するをクリックします。


するとタイムタグ情報データベース検索ウィンドウに読み込ませた音楽ファイルの情報から自動的に検索された結果が表示されます。
この検索結果にヒットしない場合はタイムタグの情報が発見できないためタイムタグ情報を自分で作る必要があります。
(タイムタグの作り方はRhythmicaLyricsの説明を見てください。)
タイムタグの情報があったとしてLyricsMaster起動ボタンを押します。


歌詞検索ウィンドウが開きます。ここでは歌詞の検索を行っています。
タイムタグ検索の時にヒットしたサイトの歌詞をダブルクリックします。


歌詞とタイムタグの情報両方の受信に成功すると画面に歌詞とタイムタグマークが自動的に表示されます。
※失敗することもあるので失敗したら繰り返しやってみてください。


あとは名前を付けて保存をするだけです。音楽ファイルと同じファイル名で同じ場所にlrc形式で保存してください。
※なお一度保存したlrcファイルをテキストエディタ等で開いてください。
末行に「@TimeRatio=1」と歌詞でもタイムタグでもない記載があれば削除して上書き保存してください。
これがあるとうまく動きません。

これでカラオケ用のファイルは完成です。

KODI(旧XBMC)でカラオケ再生


ではXBMCでカラオケ再生をするための設定をします。まず「System」から設定画面を表示します。


「音楽」の設定をします。


KaraokeのEnable karaoke supportをオンにします。
これをオンにすると音楽ファイルと同名でlrcファイルがある場合にカラオケモードで再生されます。
その他、テキストの色、サイズは好みに合わせて設定します。


カラオケの画面に表示される映像の設定をします。
PlaybackのVisualisationをMilkDrop_win32dx等に設定します。
これはカラオケだけでなく音楽再生時に表示される映像設定です。
次に「C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\KODI\userdata」にadvancedsettings.xmlというテキストファイルを新規作成します。

advancedsettings.xml
<advancedsettings>
    <karaoke>
        <nocdgbackground>false</nocdgbackground>
        <defaultbackground type="vis"/>
    </karaoke>
</advancedsettings>

※defaultbackgroundのtypeを「video」や「image」にすることも可能です。「vis」はVisualisationです。


これで音楽メニューからカラオケをしたい曲を選び再生するとカラオケができます。

次はKODI(旧XBMC)をより快適にする「Windowsの豆」のページへ

KODIについて

リモコンについて②

にせ肉(ダシダおからこんにゃく)

トップへ