ファンアートについて

ファンアートとはファンが作った画像です。このファンアートを登録できるサイトは複数あります。 KODI(旧XBMC)は、再生する音楽ファイルや動画ファイルに合わせて、ファンアートを自動的に取得して表示します。単純な話ですが、実際にやってみると、見たことのない画像が、表示されてなかなか楽しいです。

標準的なファンアートサイト

ファンアートを表示する方法を紹介します。

まずKODI(旧XBMC)の画面モードをファンアート用に切り替えます。
KODIを起動して「システム」を選びます。


次に「Add-ons」を選びます。


次に「Get Add-ons」を選びます。


次に「XBMC.org Add-ons」を選びます。


次に「スキン」を選びます。


次に「Transparency!」を選びます。


次に「Install」をクリックします。ダウンロード後、有効になるので、最初の「システム」の画面に戻ります。


次に「外観」を選びます。


次に「スキン」を選びます。


次に「Transparency!」を選びます。


すると画面(スキン)がTransparency!に切り替わります。これがファンアートを表示する画面です。


ファンアートの画像を得るために、今回は音楽の「ライブラリ」構築を行います。(映画系、テレビ系は同様ですので省きます)スキンの画面から一つ戻り、「システム」の画面にしてください。(先ほどまでと全然違う画面ですが、内容は同じなので混乱しないように…)次に「ミュージック」を選びます。


「データベースの更新」をクリックすると、KODI(旧XBMC)が参照できる場所にある音楽ファイルの「ライブラリ」を構築します。 なお「Download addtional information during updates」にチェックすると更新時に今、何の情報を構築しているかが表示されます。


ライブラリの構築が終わったら、トップメニューまで戻り、「ミュージック」を選択してみましょう。


標準の画面ではファイルのパスが表示されていましたが、ライブアラリを構築するとライブラリモードというメニューになっています。


右キーなどを押してサブメニューを表示すると「LIBRARY MODE」のチェックがありますので、これを外すとファイルのパス表示に戻ります。


さて、これで音楽ファイルを選択して該当するファンアートをライブラリが得られたなら、ファンアートが表示されます。

※なお「ライブラリ」を作りなおしたい場合は
「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\KODI\userdata\Database」を
フォルダごと削除するか、MyMusic7.db(音楽ライブラリファイル)、MyVideos34.db(動画ライブラリファイル)を削除してください。削除後、再度ライブラリ構築ができます。

ファンアートの登録について

ファンアートの登録方法は、上記からの流れに沿って、音楽系の「htbackdrops.org」の説明していこうと思います。(映画系、テレビ系は時間があれば…)

http://www.htbackdrops.org/

まず「http://www.htbackdrops.org/」にアカウントを作成します。「Regster」から登録を行い、アカウントを発行して「Login」でログインしてください。


「Upload file」から画像の登録を行います。まず「Album」のカテゴリーを選びます。 アーティストの顔写真などはMusic Artistの「Music Artist Thumbnails(1:1)」を選択します。 壁紙は「Music Artist Backdrops(16:9)」を選択します。 次に「Browse」をクリックして登録する画像を指定します。するとすぐにアップロードが始まり、完了すると「Continue」が表示されるのでクリックします。
画像のサイズはアーティスト写真は縦横の正方形の画像にしてください。壁紙の画像は16:9の比率(1920ピクセルx1080ピクセル、1280ピクセルx720ピクセルなど)の画像にしてください。


次のページでは検索の文言を埋め込みます。「Keywords」の中に、「アーティスト名」を入力してください。(登録する情報はMP3などのタグ情報と同じ情報にする必要があります。)
「Apply Changes」をクリックすると登録されます。
htbackdrops.org」が標準で提供するファンアートはアーティスト名のみです。(曲の画像は「allmusic.com」という音楽データベースから得ているようです。日本のアニソンなんか登録されてるわけがないと、思っていたら、May'nは出てきました。May'nおそるべし) なお、登録した画像が検索可能になるのに約1日(毎日21時頃更新される?)かかるようです。またうちの環境ではなぜがページのキャッシュがしつこく残るので常にページのリロードをしまくっています。

ファンアートの作成について

ファンアートの壁紙を作成する場合は16:9の比率で画像を作りますが、これは現在のHDのテレビの比率です。パソコンなどの場合4:3だったりしますので、注意が必要です。もし比率が違う環境で壁紙を表示するとどうなるかと言うと、左右両端がカットされてしまいます。そのため、めいっぱいの構図を取った画像を作成すると良くありません。16:9をベースに左右両端が切れても構わないような画像を作成するようにしましょう。 またアーティスト写真は正方形の画像を登録しますが、実際に表示されるときに角が取られて表示されたりしますので、これも注意してください。

私が実験的に作ってみたファンアートです。






次はKODI(旧XBMC)をぬるぬる動かす「スムーズな再生」のページへ

KODIについて

リモコンについて②

にせ肉(ダシダおからこんにゃく)

トップへ